結婚相談所で相談|アラフォーからでも間に合う婚活

未来を想像できる相手を

出会いのきっかけは職場に

スーツ姿の人達

1日の大半を過ごす職場で異性と出会い、付き合うという流れは特別なことではありません。実際に社内恋愛で結婚するカップルも多く、社会人の多くのカップルの出会いのきっかけが職場からというリサーチ結果も出ています。しかし、社内恋愛を始めて、結婚までに至るには様々なハードルがあり、最初から職場で結婚相手を探そうと意気込むのは気をつけたいところです。まず、恋人がいない方にとって、出会いを見つける時に社内恋愛というのは手軽な出会いの場ではあります。しかし、もっと広い世界で相手を見つける努力も必要です。職場で見つけようと思えば思うほど、その雰囲気は異性に伝わってしまいます。それが逆効果になって引かれてしまい、なかなか恋人ができにくいということもあります。社会人であれば、出会いの場は他にも沢山あります。友人と合コンをしたり、お見合いパーティーに参加したり、婚活サイトに登録することも新しい出会いを得るチャンスになります。趣味のサークルに参加してみることで、趣味の合う異性と出会えることもあります。色々な場面で出会いを探しながら、異性を見極めることで結婚にふさわしい相手が見つかるのです。結婚をしたいと希望するならば、様々な場所に出かけて異性と出会うことが大切です。そのうえで、社内に気になる異性ができた時に、自分にも余裕が生まれ、正しい判断で恋愛を行うことができます。恋愛の先に結婚をリアルに想像できるような相手と社内恋愛することが重要です。

街全体が合コン会場に

乾杯

合コンと言えば男女の気軽な出会いの場としておなじみですが、通常は職場の知り合いのつてをたどるなどして少人数で行うのが一般的です。しかし中には、より大規模なものも存在します。それが街コンです。街コンはその名の通り「街ぐるみで行う合コン」です。インターネットを通じて広く参加者を募集し、1つの街にある複数の飲食店等を会場として開催します。参加人数は通常でも数十人程度、大がかりなものになると数百人単位に達します。元々は地方の街が地域活性化を目的として仕掛けたイベントですが、現在では全国各地で毎週のように開かれています。街コンの開催形式はさまざまですが、2人・3人など同性同士が組になって事前にメール等で参加申し込みを行い、開催当日に受付で会費を支払って、参加者証を受け取り各会場に向かうというのが一般的なスタイルです。会費はおおむね3,000〜7,000円程度で、飲み放題・食べ放題となっています。居酒屋やレストランなどを回遊し、グルメを楽しみながら多くの人と出会いのチャンスを持つことができます。現在、街コンは多様化が進み、20代・30代限定や社会人限定など、参加資格を絞ったイベントも増えています。1人で参加できる街コンもたくさんあるので、未来のパートナーを真剣に探す場としても活用できます。また、見知らぬ人と会話がはずむかどうか不安だという人は、共通の趣味を持つ人同士が集う「趣味コン」という、街コンをアレンジしたイベントに参加してみるという手があります。

結婚相手が探せる場

男女

結婚相談所では結婚相手を探すことができます。もちろん、登録者は全員結婚の意思がありますから、うまくいけば短い期間で成婚が成立する可能性もあります。結婚相談所は全国にありますが、東京では店舗を構えている業者も多いので、気になる結婚相談所があればまずは資料などを請求してみてください。大体の業者がホームページを持っていますから、ホームページで施設の仕組みや流れを確認してください。東京で結婚相談所を選ぶときにポイントとなるのが、相談所のタイプ・費用・人材です。結婚相談所のタイプとしては大まかに分けて二つあります。紹介から成婚まで担当者がつき、すべてサポートしてくれるタイプの相談所は専属のアドバイザーがついています。自分で相手を選んだりアプローチしたりすることが苦手な人はこのような相談所が向いているかもしれません。もう少し自由度が高い結婚相談所のタイプとしてはデータでマッチングする人を見つけるものがあります。主にサイトを運営している相談所はこのタイプでしょう。自分の条件に合った人をデータで選別して相手を探すという方法です。東京だけではなく、全国に会員がいるので住まいに関係なく利用できるサイトが多いでしょう。もちろん地域に密着したサイトもあります。東京在住の方で結婚相談所などの婚活施設を利用する人は意外とたくさんいます。たくさん利用者がいるということは自分の条件をクリアしている相手に出会える可能性が広がるとも言えるでしょう。